自動車メーカーの期間工の寮に入居するときの心がまえ

終業後も先輩や同僚と良い関係を築こう

自動車メーカーの期間工の寮に入居をする場合には、寮の規模の大きさや入居者の数によりますが、職場でお世話になっている先輩や同僚と顔を合わせる場面もあります。そのため、日々の仕事に支障が出ないようにするため、終業後も良い関係を築けるよう心がけることが大切です。特に、それほど大きくない工場に勤務をする場合には、寮内においても職場の人間関係が重要となってくるため、日ごろから色々な立場の人の意見を尊重したり、こまめにコミュニケーションを取ったりすることがポイントです。なお、入寮をしたことが無い人はゴミ出しや清掃など独自のルールに慣れるまでに時間が掛かることもあるため、機会があれば就職前に長く寮生活を送っている友達や知人に話を聞いてみるのも良いでしょう。

お金を貯めたい人は無駄遣いをできるだけなくすようにしよう

期間工として働きながら短期間のうちにしっかりとお金を貯めたい人は、日々の生活の中でなるべく無駄遣いをなくすよう行動することが大事です。大手の自動車メーカーの中には、期間工の経済的な負担を軽くするために、高額の寮費補助を行ったり、パソコンやスマートフォンを無料で支給したりと様々なサポートを行っているところも少なくありません。また、寮生活を送っている期間工を対象に、毎月の基本給の一部を積み立ててくれるメーカーもあります。そのため、寮生活でうっかりと出費が大きくならないようにするには、求人選びの際に各メーカーの対応について調べるのはもちろん、入社前に月々の生活に必要となるおおよその費用について自分で計算しておきましょう。

期間工の募集をみて応募する際は、福利厚生などの内容を十分チェックする必要があります。口コミ情報などでも会社の評判をチェックしておくと安心です。